幼稚園の入園前に準備をしておくといいこと、入園後に心がけるといいこと

幼稚園の入園前に準備をしておくといいこと、入園後に心がけるといいこと

こんにちは。保育士のmamuです。

新しい年が始まり、少しずつ幼稚園等へ入園する時期が近づいてきます。

入園が近づくにつれ初めての集団生活に対する不安が強くなってしまうのは、子どもではなくママの方かもしれません。

今回は、幼稚園入園までに、準備しておくといいことと、入園後気をつけてあげるべきことについて、ご紹介します。

幼稚園入園までに準備しておくといいこと

入園前は、準備も慌ただしくなると同時に、これまで何も思わなかった子どもの行動が気になり始めます。

ちなみに、4月の入園までに多い相談は、「自分のことが自分でできるようになる方法を知りたい」といった内容です。

具体的には「これまでできていたのに急にできなくなった」「食べさせて、と言うようになった」「排泄の失敗が多くなった」などです。

 

これらは、子どもが幼稚園に入ることが不安になっているというよりも、ママが「入園までに自分でできるようにしなければ」という焦りから来ることも多いように思います。

すでに生活習慣が整っている場合は、自分でできていないことを指摘するだけに終わらず、今できていることを認めながら丁寧に関わることを意識してみましょう。

 

また、排泄や食事の習慣が身についていない場合も、焦らず日々の積み重ねを大切にしていきましょう。

実際に幼稚園に入園すると、1か月程度はリズムが整わないものなので、焦りは禁物ですよ。

 

それに加えて、朝送り出すこと自体が、大変だと感じるママも多いと思います。

その時に備えて、心の準備と体力づくりをしておくと良いでしょう。

Advertisement

幼稚園に入ったあとは?

入園後数か月の間に多くの子が幼稚園に慣れて楽しく通うようになりますが、なかなか新しい環境に慣れない子もいます。

朝だけ泣く子は、ママの不安がそのまま伝わっているのかも知れません。

集団に入った子どもを信じて手を離してあげるといいですね。

長期的になじめない子もいますが、この場合、家庭だけで問題解決しようとせずに園の先生のサポートを受けながら時間をかけて慣れていくことが必要です。

 

幼稚園に入ったら自然に友達ができていくもの、と思うママは多いと思います。

でも初めての集団生活に大切なのは、友達よりもまずは自分づくりです。

 

自分のことが自分でできるようになるまで、集団生活のリズムやルールが身につくまで、子どもの成長を見守っていきましょう。

お迎えに行った後、「今日は誰と遊んだ?」「仲良く遊べた?」「どんなお勉強した?」という、ママからの質問に、幼稚園を楽しめている子は、出来事を事細かに教えてくれるでしょう。

でも、「わからない」「忘れた」、「行きたくない」「明日はお休みする」という言葉が出たり、家で暴れたりわがままになったりする子も少なくありません。

 

その時は、幼稚園での出来事を無理にきくことはやめて、「おかえり、今日のおやつは○○よ。一緒にたべようね」など、家での生活に気持ちを切り替えてあげましょう。

そうすると、徐々に園での出来事を口にするようになります。

けれど、その時に気をつけていただきたいことがあります。それは、「それで?」「だれが?」という質問をすることです。

質問を続けすぎると、「忘れた」という言葉へつながってしまう結果になります。

 

そのため「そうなのね。楽しかったんだ。」「おもしろそうね」「よかったね」と、もっとお話したいなと思えるような言葉を選びましょう。

そうしたことを積み重ねることで、環境への不安を抱えながらも、新しい生活に徐々に慣れていきますよ。

おわりに

幼稚園に入る前に準備しておくこと、入園後に気をつけておくべきことについてご紹介しました。

入園前は、焦ることなく、できることをじっくりと育てていくようにしましょう。

入園後は、慣れるまで時間がかかることもありますが、園の先生からのサポートも受けながら、親子とも慣れるまでの間、ゆったりとした関わりを持つように心がけましょう。

子どもの体の発達と姿勢学習のコツが分かるサイト

CTA-IMAGE 子どもと姿勢研究所は、子どもの体の発達や姿勢を良くするコツについて学べるサイトです。こども発達WEB編集長の西村猛(子どもの発達アドバイザー)が運営しています。

育児のコツカテゴリの最新記事