初めての子育ては不安がいっぱい!子育ての不安を軽減する2つのポイント

初めての子育ては不安がいっぱい!子育ての不安を軽減する2つのポイント

こんにちは。保育士のmamuです。

出産後、ほっと一息付く間もなく、子育てがスタートします。

特に子育てが初めての方なら、不安になって当然ですよね。

あまり焦らずにゆったりした気持ちで赤ちゃんに関わってあげること、一人で抱え込まないこと、などが楽しく子育てを行うコツです。

子育ては肉体労働?

子育てを仕事に例えると、肉体労働そのものです。しかも24時間、ほとんど休みなし。

新米ママ(新入社員)なのにいきなり「命を守る」という責任を背負いますから、その負担は相当です。

仕事なら、新入社員向けの研修があるものですが、子育てに研修期間はありません。

特に3歳までは、知らないことの全てを学ぶ時。一つずつ教えるって本当に大変です。

心も育つ時期ですから、スパルタで教え込もうとすると、心の歪みにつながってしまいますし、だからと言って、何もさせないと何もできない子になってしまうリスクがあります。

だから、3歳までの子育ては「肉体労働+大変+重要」なのです。

Advertisement

はじめてだらけの子育てのはじまり

出産の大変さが終わってホッとした途端、いきなり子育てがスタートします。

授乳は3時間おき(1時間おきになっている人もいます)、おむつ交換は何度もしなければなりません。

よく泣く子だと、泣き止ませるために常に抱っこしなければならないことから、腱鞘炎にもなってしまう人も。

子育てのプロがそばにいるわけではありませんので、育児書やネット情報を頼りにすることも多いと思いますが、子どもは一人ずつ違って当たり前。

だから、マニュアル通りにはいかなくても当然です。

子育ての不安を解消する2つのポイント

子育ての不安を少しでも軽くし、前向きな子育てにつながるコツは色々ありますが、今回2つのポイントをご紹介します。

【ポイント1】悩んだ時は、こう考えてみて!「赤ちゃんも初めてだらけ」

もし、初めての子育てに自信がなくなりそうになったら、こう考えてみて下さい。

「赤ちゃんだって初めてだらけ」なのだと。

居心地の良いお腹の中でいつもママと一緒だったのに、急にお腹から飛び出し、自分で息をして、自分で栄養を取り込み、寝ることだってママのお腹の中とは全く違います。

ママも初めて。赤ちゃんも初めて。

だからこそ、赤ちゃんが自分で何でもできるようになるまでの間、お互いに気持ちがわかるまでの間、スキンシップを繰り返しながら成長を見守ってあげましょう。

 

手探りで子育てを続けている間に、赤ちゃんは急激に成長していきます。

だからこそ、ママも今の時間を楽しめるようになればいいですね。

Advertisement

【ポイント2】パパや周囲の人は、ママの心のケアを!

昔と違って、子育てが孤立化していると言われます。

少子化の影響で、周囲には子どもを持つ家庭が少なかったり、相談できる人が少なくなっていることも。

気軽に周囲に相談できる機会が少ないと、ママがなんでも一人で抱えてしまって、赤ちゃんを「かわいい」と思う余裕もなくなってしまうかもしれません。

そんなときこそ、パパの出番です。

新米パパだと、どのようにサポートすればいいかも分からないかもしれませんね。

そんな時は、まずママの様子を注意深く見てあげるようにして下さい。

育児不安を抱え込んでしまったママは、子育てができない自分に苦しくなってしまいます。

もし、パパが仕事から帰った時、赤ちゃんを抱っこしたまま暗い部屋でママがぼーっとしていたり、ママが泣いていたら、要注意!のサインです。

こんな時は、ママの心のケアが必要な時です。ママに話し相手が必要な時です。

ゆったりと、そしてじっくりとママの話を聞いてあげて下さい。ママの心のケアはパパの役目なのですから。

 

ママ自身もなんでも一人で抱えてしまうことのないように、パパをはじめとする周囲の人に相談して、悩みを聞いてもらうようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

はじめての子育ては、ママにとって分からないことだらけです。また昔に比べて、子育て環境は大きく変化しています。

そのため、不安を抱えたママが、どんどん周囲から孤立し、ストレスを抱えやすい状況になっています。

そんな時は、「赤ちゃんだってはじめてのことばかりなんだ!」と思ってみると、少しは気持ちが落ち着くかもしれません。

また、気軽にパパや周囲の人に相談するようにしましょう。

パパをはじめとする周囲の人は、初めての育児を頑張るママの応援者でいてあげましょう。

 

YOUTUBEチャンネル「こども発達LABO.」

◆子どもの体と言葉の発達が学べるチャンネルです。 以下の方を対象に、子どもの体と言葉の発達について、分かりやすく動画で解説しています。
1.子どもの発達の遅れが気になる方
2.現在療育を受けている方(発達障害のあるお子さん)
3.子どもの発達支援を行っている方
◆メンバー
◯西村猛:子どもの発達が専門の理学療法士、株式会社ILLUMINATE代表取締役、療育改革実践家
◯むぎちょこ:発達障害児専門の言語聴覚士、こども発達WEB代表

育児のコツカテゴリの最新記事