赤ちゃんが指さしをはじめたら、言葉を伸ばすチャンス!擬音語を活用しよう

赤ちゃんが指さしをはじめたら、言葉を伸ばすチャンス!擬音語を活用しよう

ママやパパにとって、言葉の発達はとても気になるもの。

まだ言葉が出ていない赤ちゃんでも、実は「言葉が出る準備」をしていることがあります。

「もうすぐ言葉が出そう」を判断する一つの指標が、「指さし」です。

もし、指さしが見られたなら、言葉を引きだすチャンスです。

指差しをはじめたら、言葉を引き出すチャンス!

生後10ヶ月頃になると、赤ちゃんは指差しをするようになります

電車を指差して「あー、あー」と言ったり、散歩中の犬を指差して、ママやパパの顔を見たり、何かを発見して「あっ!」といったり様々です。

その時がチャンスです。

赤ちゃんが指さしをしている対象を言語化してあげると、言葉の発達にとても良い効果があります

例えば、赤ちゃんと一緒に電車を見ながら、「ガタンゴトンだね。」と教えてあげたり、犬なら「ワンワンだね。」と教えてあげるなどです。

そうすることで、赤ちゃんが見ている電車と「ガタンゴトン」という言葉がつながって、赤ちゃんは「ああ、あの動いているモノが『ガタンゴトン』っていうものなんだな」と理解していくようになります。

Advertisement

語りかけのポイントは、擬音語を使うこと

この時に、電車を「でんしゃ」と教えるのではなく、ガタンゴトンやワンワンなどの、擬音語で語りかけてあげることが、ポイントです。

なぜなら、擬音語のほうが赤ちゃんは覚えやすく、また真似をしやすいからです。

赤ちゃんが指差しするようになってきたら、擬音語を使って、どんどん語りかけてあげてくださいね。

指差しをはじめたら、読んであげたい絵本

絵本を使って、指さしを言語化してあげることも効果的です。

私がオススメする言葉を引きだす絵本をいくつかご紹介します。

もこもこもこ(谷川俊太郎)

何かが「もこっ」と出てきたりと、「様子が音になっている」本です。絵の変化と音の変化が赤ちゃんでも楽しめます。

 

じゃあじゃあびりびり(まついのりこ)

「いぬ、わんわん」「じどうしゃ ぶーぶー」など、ものの名前と擬音がペアで学べます。

 

ばいばい(まついのりこ)

色々な動物が出てきて、「バイバイ」をしてくれます。同じことの繰り返しなので、分かりやすいです。また「バイバイ」という言葉は真似しやすい言葉です。

 

がたんごとん(安西水丸)

機関車に次々お客さんが乗ってきます。内容的には上の「ばいばい」に似ています。電車好きな男の子ならこちらをどうぞ。

おわりに

いかがでしょうか。

言葉を引きだすコツはとても簡単ですよね。

「擬音語を使って、赤ちゃんが指をさしている対象(モノや人など)を言語化してあげること」だけでOKなのです。

今日からではなく、たった今からでも始められますよね。

ぜひ、毎日の中で赤ちゃんの反応を見ながら、優しく声掛けをしてあげてくださいね。

こども発達WEB編集長西村猛の保育士さん向け講義

CTA-IMAGE こども発達WEB編集長で、「子どもと姿勢研究所」代表の西村猛は、子どもの発達の専門家として、全国の保育園さんで「幼児期の体の発達」についての講義を行なっています。 詳細&ご依頼は、子どもと姿勢研究所のページからご覧ください。

言葉の発達カテゴリの最新記事